7月 30

MVPの特典でマイクロソフトさまからXBoxのゲームが貰えるようになりましたので、
早速ですがレビューを。

先ず驚いたのが取説のシンプルさ!

普段ゲームの取説は、困った時に読む程度ですが、今回レビューという事で、先ず取説を読むことに。

な、なんと!
最近のゲームにしては、ビックリするくらい何も書いてありません!
操作方法と、後役に立ちそうも無いマップとか、ゲームの背景とか。
まぁ、それだけシンプルなゲームだろうという事で、ゲーム開始。

チュートリアル形式で、操作説明から始まりました。
操作方法はシンプルです。

主な攻撃方法は
・メインウェポン(銃器)
・サブウェポン(爆弾)
・格闘攻撃(殴る蹴る)
・自動車に乗っての轢き逃げ

それぞれの攻撃をしていくと、それにあった経験値が貯まり、それぞれの攻撃のランクが上がる(新しい武器が選べたり、攻撃方法が増えたり)するようで、レベルアップによる「育てる感」があり、個人的に良いなと思いました。
新しい武器が手に入るという期待感もありますし。
また、アクション性も高く、結構自由に飛びまわれるので、動かしているだけでも結構楽しいです。

で、最初のミッション、「敵に奪われた陣地を奪還しろ」的なものが始まりました。
ここにきて操作性の悪さに驚きました…

先ず、敵がウジャウジャ出てきます。
特定の敵を早く倒さないといけないのに、敵にカーソルがなかなかあいません。

ロックオンボタンを押しても、なんか画面の中心に出ているターゲット近くの敵を自動的にロックオンしてしまうので、「この敵を倒したい!」というのがなかなか難しい…
ロックオンした後、別の敵にターゲットを移せる というのが欲しかったなぁ。
(ロックオンした敵の頭を狙う、足を狙う等はできるけど、何の意味があるのかわからず…)

あと、カメラをグルグル動かせるけど、ボタン一発でカメラを正面に戻すという機能が無い!?
この手の3人称視点のゲームでは、カメラが即戻せない というのは結構痛いです。
あれやこれやと最初のミッションクリア、即2つ目のミッションが始まりました。

次のミッションは、簡単に言うと「一定時間基地を守れ」的なやつです。
ここの敵は、プレイヤーを攻撃してくる敵、基地を攻撃してくる敵と完全に別れていました。
基地を攻撃してくる敵を素早く倒さないといけないんですが…はい!
ここでさっきの「ロックオンできん!」問題が!

基地を攻撃する敵10に対して、プレイヤーを襲ってくる敵が100くらい居ます!
基地を攻撃してくる敵にロックオンできないし、格闘行こうにも近寄れない…
正直心が折れそうになりました…

コンテニュー繰り返してなんとかクリア!
続いてのミッションはと続けていると…出ました!
・基地守れ
・陣地奪還しろ
それぞれ結構な数があって、どこからやるかは自由らしいです!
これぞ洋ゲーの真骨頂!「自由度が高いゲーム!」
どうやら今までのミッションまでがチュートリアルっぽいです!

マップ上に攻撃すべき陣地とか、守るべき基地とか出てるんですが、
マップ = 2D
ゲーム = 3D
なので、実際には「高さ」という概念があります。
なので、行きたいところに辿りつけません…
マップもやたら広いし…
この辺もう少しやさしくして欲しいなぁと。

やり込み要素としては、洋ゲーによくある「何もヒントが無い状態からのマップ上に転がっているアイテム収集」があるけど、個人的にはこの手の収集にはやり込み要素を感じられず…

ただ、マップが広く「行ける所が多い」というのと、車があるので本来の遊び方以外の自由度も高く(レースなんかもあったりしました)、そういった「遊び要素」があるので結構楽しめました。
あと驚いたのが、モンスターや人を轢き殺した時に血が飛び散りまくります…
「これよく発売できたな」ってくらい血が出ます。(モンスターは緑ですが、市民等の人間は普通に赤でした)
また、見方や市民を殺してしまうと、見方からも狙われるようになりました。
この辺は良くできているなぁと思います。

総評ですが、
・キャラクターの成長要素
・アクション性の高さ
・ゲーム本編以外の「遊び要素」
これらはよくできていると思います。ですが

・操作性の悪さ
・説明が少ない投げっぱなし感
この辺りがマイナス点です。

なので、個人的な感想は5点満点中3点でした。

※Microsoft MVP 向け”riot act2”レビュー キャンペーンに参加し、本ソフトのレビューを行っています。

written by hide \\ tags: , ,

7月 21

去年頂いたマイクロソフトのIISのMVPを、今年も頂く事が出来ました。

去年一年は私も今までの中で一番マイクロソフトの技術に関わった年になりました。
ひとつはインストールマニアックス3での優勝でTech・Daysに参加させて頂いた事。
もうひとつはMVPとしていろいろなイベントに参加させて頂き、いろいろな技術、
いろいろな方たちに出会えた事です。

生バルマーさんにも会えました。
developer、developer、developer!!を聞きました。これも貴重ですよね。

本当に今年一年で自分の技術の引き出しは、このMVPの受賞により変わった、
広がったと思っています。

これからもこの受賞に恥じない技術者として、活動していきたいと思います。

written by hide \\ tags: , ,

7月 16

最近映画でやってるPredatorsの宣伝なのか、AppStoreでゲームが出てました。
http://itunes.apple.com/us/app/robert-rodriguez-presents/id373352436?mt=8

画面イメージなど見るとすごく作りこんであるように見えますが、350円なのでびっくりです。
普段無料のゲームしかやりませんが、これは思わず買ってしまいました。
早速やってみたのですが、Diablo(古いですか。。)好きな私としてはとてもマッチしました。

こんなのが350円で出てしまうと、DSとかPSPとか結構辛い気がします。。。
前編英語ですがとってもオススメです。Diabloとか好きな方はお暇な時間に是非!!

written by hide \\ tags: , , ,

7月 09

毎月第一土曜日にMCEAの会議室にて、dalf(開発・言語フォーラム)の勉強会を行っています。
dalf 開発言語フォーラム http://www.dalf.jp

今回は最近行われたSeasarカンファレンスへ参加された前園さんから、その中で気になった技術の概要とそれを使ったサンプルを発表して頂きました。

久々のJavaネタとなる気になる発表内容は、Seasarとアノテーションを使ってCSVをいろいろ操作するS2CSV、Excelテンプレートを扱うFisshPlate、携帯向けWebアプリケーション構築のためのフレームワークであるmobyletの3つでした。
とても便利に使えそうな三つの技術ですが、実際に目の前でサンプルとして動かしてもらうと余計その凄さがわかりました。
(さすがに携帯コンテンツは残念ながら見比べることはできませんでしたが。。。)

また今回参加して頂いた方の中で、実際にこの中のS2CSVとmobyletを使っている方がいらしたので、実際の業務で使った場合の問題点や対応方法が聞けたので、良い面、悪い面がわかって面白かったです。

あとサンプルの発表としてはVB.NETを使用したMVCフレームワークのようなWebアプリケーションの作り方と、私の方では業務向けのフレームワークとして使うZend Frameworkのカスタマイズについてお話させて頂きました。

最後にSilverlight4について、少しお話させて頂きました。
まずは開発環境の構築方法として、無償で利用出来るVisualStudio2010 Expressのこと、またWebPIでのインストール方法、Silverlight4を開発するためのToolkitのインストール方法(ダウンロードとWebPI)を紹介させて頂きました。
また簡単なサンプル作成として、ハンズオンでHello Worldを作成しましたが、簡単すぎましたね。。。

次回はちゃんとした規定のサンプルを持って発表したいと思います。

written by hide \\ tags: , ,

7月 07

最近、勉強会や交流会でiPadの話やiPhoneについて話をする事が多くなりました。
そんな仕事もしてたからかも知れませんが、みなさんが興味を持っているのは間違いないみたいです。

流行ってるから買ってみたという人もいれば、何か新しい事が起こるかもしれないと思って買った人もいたり、そういうiPadを楽しんでる人たちのお話を聞くのもとても楽しいです。

その中で「でもどうしていいかわからない」という人もいるのも確かです。
そういう人に私が一度はお薦めするEvernoteというアプリがあります。

正確にはEvernoteはクラウドサービスと分類されるのでしょうか?
別に他のスマートフォンや携帯からメールでつかたりも出来るので、iPhoneに限った事ではないのですが、そのサービスをiPhone、iPadから使うのに便利なアプリといったところですね。

大雑把に言えば、クラウドを利用したメモ帳のようなものです。
仕事のことでもいいです。自分の付箋替わりでもいいです。今日の買い物は何?とか。
何でも書いたり、写真をとったりしてメモを残せますし、タグで簡単にですが分類を振り分けることが出来ます。

興味がある方は、Webサイトや本で調べてみてください。

written by hide \\ tags: , ,