11月 25

KINECTです!
やる前は「Wiiとそんなに違わないだろ」と思っていましたが…
全然違う!良い意味で期待を裏切ってくれました!

まずセッティング(といっても置くだけですが)をして、電源ON。
なんとカメラが動く!自動で角度を調整してくれるようです。
で、画面の指示通りに色々設定していざゲーム開始。
今回やったゲームは2本。
同梱されている「KINECTアドベンチャー」と、別ソフトの「KINECTスポーツ」
です。
ゲームの内容は基本的に体を動かして遊ぶミニゲームが複数入っていると
いった感じなので、内容については割愛します。

KINECT、予想以上反応してくれます。
手の動きだけではなく、「体全体」を3Dで認識しています。
だから、左右の動きだけではなく、前後、上下の動きも反応していて、
各ゲーム中も3次元的な動きで遊べます。
ただ、その分思いっきり動くのでかなり疲れますが、昔ゲームセンターに
あったボクシングやガンシューティング等の「人の動きにあわせてゲーム
中のキャラが動く」といったものより圧倒的に感知能力が高いです。
正直「すごい!」と思いました。

ミニゲームはそれらを色々活用したミニゲームなので、かなり動きがハード
ですが、楽しいですね。
やれば面白さがわかるんですが、やらないと「大したこと無いんでしょ」と
思われちゃいそうなのが・・・もったいない。

ただ1点問題が。
それはズバリ「広いスペースが必要」という事です。
先ず一人でやるのにも1.8m程離れないといけないです。
「離れた方がいい」では無く、「離れないと警告がでる」レベルなので、
ゲームができないです。
あと、前後左右上下に動くので、かなり広いスペースが必要。
実際、ジャンプした時に天井に手をぶつけました・・・(外国の動画とか見て
「天井に手ぶつけるとかありえないでしょw」とか思っていましたが・・・
夢中になるって怖いですねw)
あと、やっぱり動くのでマンション等では気になりますね。
といったところから、一人暮らしではスペースの都合でお勧めできないかも。

広いスペースさえあれば、かなり楽しいし大人数でやれば盛り上がる事間違い
無し!(こういった面でも、Wiiとターゲット層が被るんじゃないかな。)
ただ、最近のWiiと違って、「身体全体を使って遊ぶ」というところは他に無い
部分なので、スペースが確保できる方には是非ともお勧めです!

※Microsoft MVP 向け”KINECT”レビュー キャンペーンに参加し、本ソフトのレビューを行っています。

written by hide \\ tags: , , ,


Leave a Reply

i3Theme sponsored by Top 10 Web Hosting and Hosting in Colombia