12月 28

私事ではありますが、この度私が所属する首都圏コンピュータ株式会社(略称MCEA)の取締役に就任致しました。

MCEAはもともとITに関わる個人事業主のための協同組合でしたが、組合法の改正に伴い、株式会社へ組織変更した経緯があります。
私はこのMCEAに2005年に組合員として加入して、約5年間お世話になっています。

今後はパートナー(=所属する個人事業主)の代表として、またこの組織をもっとよりよく利用してもらうために
不便なところは変えていき、またより良い組織にしていきたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

written by hide \\ tags:

12月 21

「KINECT ANIMALS」のレビューです。

パッケージを見て思った事、「こ、これはムツ○ロウ王国シミュレータか!?」
どんなゲームか全く想像できなかったので、いつものように説明書を読まず
プレイ開始。

ゲームを始めると、虎とかライオンとか5種のネコ科の動物から1匹を選ぶ画面
になり、1匹を選ぶとゲーム開始です。
気になる点としては、犬派の自分にとっては「犬科が居ないのかよ!」といっ
た事でしょうか。
差別かよ!とか思いながらも、全ての動物を見ると、良くできていますね。
リアル差がありつつも、デフォルメされている感じで、恐らく「かわいいー」
と思う人が多いかと。

で、動物を選ぶと、動物に名前をつけよう と出て、マイクで名前を呼ぶんで
すが、一人でやっていても「隣の家に聞こえるんじゃ…」という事でなかなか
恥ずかしいw
そして、小さい声だと中々認識しないので、「どんな罰ゲームだよ!」と思い
ましたが、名前を呼んであげました。
 俺 「ト○ッキー!」
ゲーム「その名前は気に入らないようだね」
 俺 「・・・」
という事で、別の名前を付けました。

命名:太郎

そのあと、ついにパッケージの裏にあった、動物を撫でるシーンです!
これがなかなか凄い!
他のKINECTのゲームでも思った事ですが、自分が左右に移動すると認識して
カメラも移動して、動物の横に回って側面を撫でる とかができる!
このKINECTの性能にはビックリですね。
一番驚いたのが、仰向けに寝る というアクションも認識して、動物も寝るw
寝る というアクションを認識するとは・・・ビックリしました。

で、一通り戯れた後は、ボールを投げて的に当てるミニゲームとか、車の
ラジコンを操作する(Wiiのマリオカートみたいに、ハンドルを捻る操作で
曲がる)ミニゲームとかやったんですが、
「これ、動物あんまり関係無いんじゃ…」

チュートリアルが多くてあまり多くのミニゲームをやっていませんが、
動物と絡む事を想像していたユーザーは、序盤で拍子抜けしちゃうんじゃ
ないかなぁ。
あと、チュートリアルが多い=説明書読まなくても遊べる というメリット
も多いけど、要所要所で説明画面が出る、かつ、これが音声での説明だから
意外と長い!なので、なんかテンポが悪く感じる…

あと、他のスポーツゲームとかのように「大勢でやって盛り上がる」という
のも無さそう(やったミニゲームがそうなのかもしれませんが)という事で、
どっちかというと「シー○ン」を思い出してしまう…

という事で、今回はちょっと辛口ですが、個人的には「う~ん」と思うゲーム
でした。

※Microsoft MVP 向け”KINECT ANIMALS”レビュー キャンペーンに参加し、本ソフトのレビューを行っています。

written by hide \\ tags: , , ,