11月 14

キネクトと相性が良く、息が切れるのを忘れて遊べるゲームと言えばこのゲームですね。
今回はダーツ、テニス、野球とやってみました。

まずはダーツ。
私はこう見えても一時黒人バーで働いていた経験があり、その当時は一般人と比べればダーツの腕はなかなかのもの。
そんな私にこんなゲームをやらせるなんてマイクロソフトも罪ですね。
さっそくコテンパンにやってやっつけてやりましょうw

スポーツをダーツに選んで、シングルプレイでゲームスタート。
始まったゲームは501。
キネクトのルールは的に当ててって、最後にダブルであがるルールだそうです。
では早速やってみましょう。

遊び方は照準を合わせて、ダーツを投げるモーションをします。
が、振り方が早いのか20トリプル狙ったはずが20ダブルにはいってしまったw
もっとゆっくり振るのかと思ったら今度はいい感じに飛んでいきました。
まあトリプルは外れたけど。。。

この感覚が難しくて、ホントにダーツやってる感覚よりはやっぱりキネクトのゲームとしてやらなければならないようです。
そしてこれが結構難しく、なかなかうまく投げれませんでした。
っていうか、全くうまく投げれないまま3連敗。。。

。。。次に行きましょう。

続いてテニス。
これは簡単なモーションで遊ぶ事が出来ました。

サーブは簡単に打てるし、球がきたら腕を振るだけで簡単に打ち返す事が出来ます。
また足を一歩前に踏み込む事で強烈なボレーが打てたり、スマッシュも簡単なので遊べます。
これは初めから快勝。気分もいいです。

最後に野球。
これは攻撃と守備があるので、めんどくさそうですが簡単でした。
バッターは来た球をバットを振るモーションをする事で打つ事が出来ます。
バットに当たり、外野に飛ぶとヒットになります。
途中で気づいたのですが、ピッチャーが投げる前に何か球のマークが出てました。
どうやらそっちの方に狙って打てばヒットになりやすいようです。

そして内野に飛んでしまうと、走らなきゃ行けませんw
一生懸命走って足を前に出すとスライディングになります。
でも大抵アウトになりましたw

そして守備フェーズ。
ピッチャーはなんと投球毎に右左どちらで投げるか決める事が出来るようですw
投げたい手を横にのばすと投球する手が決まります。
そしてまっすぐ前に振り出すと直球、斜めに投げると変化球になるようです。

これも簡単におぼえられるモーションなので簡単にゲームが出来ます。
こちらも最初の試合から12対4で勝ちました。

三つのゲームをやって思った事は、何でダーツがこんなに難しいのか?
もしかしたらホントはもっと簡単に出来るのかな?
もう一度やってみたいと思います。

※Microsoft MVP 向け”Kinect Sports2”レビュー キャンペーンに参加し、本ソフトのレビューを行っています。

written by hide \\ tags: , , ,

11月 08

とうとう出ました、Dance Central2!!
前回は完全に勢いに飲まれて、体力ないのにも遊ばされて危うくゲ◯吐く寸前まで追い詰められた、いやいやそれくらい夢中になってしまったダンスゲームの第二弾です。

これは始める前から期待してもいいでしょう。
さて最近ジム通いしている俺がどこまでついていけるか!!

本作をやる前に、やっぱ前作の復讐でもしようかと思ったんだけど、それで余計な体力を使っちゃうのは得策じゃないので、まずは適当なレベル1のものから始めようと思ってゲームスタート。
今回は二人でダンスできるようで、メニューにも二人用のメニューがちらほら。
まあとりあえず無視して、曲を選ぼうと見てみると、前回よりかなり私の好きな曲が入っていて大興奮!!

その中でも私が尊敬してやまないLil’ Jonの参加しているUsherのYeah!があったのには感動!!
これは早速やってみなければ、と思ったが、レベルが高すぎw
デモの人間の動きもハンパなかったので辞める事に。。。
もう少しレベル低ければなぁ。

と、レベル1を探していると、ちょっと下に Turn me onの文字が!!
これはやるしかないでしょう!!とレベルは2でしたが、前回の経験もあるので早速トライ。

前作同様プラクティスができるんですが、使い勝手を良くしようと考えたのか、音声でもリトライ、スローダウン等が出来るようになってました。
これはやってみようと喋って見たものの、行く時と行かない時があって微妙でしたね。
Kinectアニマルで名前呼んでもシカトされたような敗北感が味わえます。

でも反応知れば右下に手を挙げるよりは使いやすいかな?
みなさんお好きな方で。

そして今回からプラクティスに追加された動画を録画する機能!!
コレは怖くてやってません。見れるか、俺のダンスなんてw
でも録画すれば自分の動きを確認できるので、本格的にやりたい人には良い機能でしょう。

さて、Turn me on では前回やったダンスなんてひとつも出てこなかったので、いちから勉強し直しです。
でもまあ何となくダンス、ではなくこのゲームに認められるムーブとしては慣れがあるので、特に問題なく一発でプラクティスは終了。
そして曲に合わせてパフォーマンスタイム!!

このパフォーマンスの部分でも若干追加機能があり、金色のパネルが出て来るようになりました。
その金色パネルのムーブを成功させると点数が高くなるようです。
直前で失敗してしまっても、この金色ムーブは落ち着いて成功させると高得点を狙えそうですね。

で、実際ですがうまく踊っていると、背景が薄れていき自分の世界に入れるようですw
腕の動きにあわせてライトの残像的なものが流れ、自分だけのステージになってくれます。

今回は二回踊ってイージーを5つ星でクリア。
そのままの勢いでノーマルもクリア。

フッフッフ、さすがに経験者は違うぜってところを見せつけている所で、うちの奥さんから「レディ・ガガがいい」という天の声的なものが聞こえたので、探しているとさっきのUsherのと同じレベル6。。。
ま、まあイージーでやってみましょうか。。。

とやってみると、意外と出来そうでプラクティスだけであれば、ほぼほぼいけるんじゃねーの?くらいの出来で勘違いし、早速パフォーマンスに。
ところがここにも奇跡が!!どうしても出来ないムーブがひとつあって、それ以外は難なくクリア。
二回やったけど、どうしてもひとつできないので4つ星まで。
まあでも頑張ったろ。

その他にもフィットネスとかクルーチャレンジというのがあって、ちょっとやってみたけどよくわからなかったから説明書見てもう一度トライしよう。

という事で今回のレビューは終了。
ゲームのやり方は変わってないので、本当に楽しいゲームです。
Kinect持っててやってない人はもったいない!!

ぜひ体験を!!

※Microsoft MVP 向け”Dance Central2”レビュー キャンペーンに参加し、本ソフトのレビューを行っています。

written by hide \\ tags: , , ,

11月 02

さて前回初の辛口批評で終わったKinecアニマルズの続編の登場です。
今回のゲームの舞台はなんとフシギな島。

小さい飛行機でその島の入口に降り立った主人公は、
妖精のような猫のような生き物に導かれ、そのおしゃべり妖精の言うままに島へと上陸します。

その妖精のような生き物が主人公(自分)に向かって「海賊」と呼んでる事が若干気になりますが、先に進むことに。

島の広場ではその妖精いわく恥ずかしがり屋の動物たちが集まってるらしく、とりあえず絵にもなってるパンダを選ぶべく熊系を選択し、その中から迷わずパンダを選びました。

当然ながら前回同様名前を付けなければならない。
前回同様これまた三回(フィリッポ、ペッシ、その他失念)くらい拒否られて、ようやく決定。

命名:ポルポ

丸っこいし、ぴったりかと。
相変わらず何度も名前を呼ばないと覚えない脳の足りなさっぷりは、カワイイと思うツボなのかどうかしら無いがやはり恥ずかしい事この上ない。
さらに何か呼ばれてる気がしたのか、うちのリアル犬どもが不思議そうにこちらを見ている。。。

「違うよ、お前たち。パパはこのテレビの中のパンダさんとお話ししてるんだからね。」

何も知らないでこの一行だけみたら、相当イってしまっている人だと思われるんだろうなぁ。。。

でもこの拒否られるロジックは一体何なんだろう?
同じ名前をひたすら繰り返したり、一回目と三回目を同じ名前とかにしても拒否られるのだろうか?
少し意地悪いが、次(があれば)は同じ名前連呼してみよう。
あと放送禁止用語とか平気なのかな?
モンハンの猫みたいなヤツは、俺が付けたい名前10回くらい拒否られて、最終的にはつまらない名前つけてしまったし。

。。。閑話休題

さて今回のこのゲームはいったいどんなストーリーなんでしょう?
海賊の話?パンダを操って最後は海賊と対決とか?

妖精の話を聞いていると、どうやらこの島のクマは成長しないで子供のままらしい。
このカワイイままの状態で大きくならないのであれば、どうやってこいつらは増えていくのだろうか。。。

暫く前回と同じく動作の確認をチュートリアルで教えてもらった後、この妖精や海賊というキーワードのお話が語られ、少しずつ謎が溶けてきたと当時に今後のミッションについて語り始めた。
どうやら宝探しの旅に出るらしい?あってる?

少しずつミニゲームをクリアしていくことで、この島の謎が解明されていき、最後には消えた海賊とご対面出来るかどうかはわかりませんが、この島の謎を解くのがこのゲームの目的のようです。

というより、この主人公(自分)は何者なんだろうか?
遭難者?それともこの島の謎に興味があってきた?
一番の謎はそこだったりw

おもちゃ箱の中身を使って遊んでいると、次のステージにいけるようになった。
この洞窟ではジャグリングのゲームが出来るようです。

ミニゲームは、取得した得点によってランクが分けられ、金、銀、銅のメダルがもらえるようです。
初めてのミニゲームでしたが、このジャグリングはレベルはとても低く、一発目で金メダルがもらえる点数の三倍くらいの点数を稼ぎました。
もちろん全てのメダルをゲットして終了!!

次の木登りにも挑戦したが、なぜか降りるためのしゃがむという動作がKinectで認識されず降りれなかったので、このミニゲームは全てNG。
ちょっと今日のところはこの時点で心が折れてしまい終了。

今後はどんなミニゲームが用意されているのか、またこの島自体はどのような謎に包まれているのか、いろいろあって前回のよりは面白くなっている感じがします。

フシギの島の冒険は続く。。。

※Microsoft MVP 向け”Kinect アニマルズ – フシギな島のなかまたち”レビュー キャンペーンに参加し、本ソフトのレビューを行っています。

written by hide \\ tags: , , ,