4月 06

今回はディズニー映画の世界を体験する事が出来る「ラッシュ: ディズニー/ピクサー アドベンチャー」です。
正直な所、名前は知ってる映画ばかりですが、ちゃんと見た事がある映画はMr.インクレディブルくらいですね。。。すいません。

早速ゲームを始めると、まずは自分自身のアバター的なものを作りに入ります。
自分の身体をKinectに読み込ませるところから始まります。
ただ何故か私の場合は左腿がなかなか認識しなく、結構時間がかかりました。
続いて顔をスキャンしたっけな?一応似せてくれるようです。

その後はメガネをかけるかとか、ロン毛にするかとか、眼の色とかを聞かれ、あんまり自分のキャラ自体重要視してなかったので適当に選択。
ようやくアバターが完成すると、ゲームの世界に突入します。

着いた場所は、アトラクションがあるテーマパークのような感じ。
何か世話好きそうなガキンチョがフォローしてくれます。

移動ですが、両腕を走るように振る事で前にすすめました。
曲がりたい時は身体を向きたい方向に向ければOK。
この辺りの操作感はいいカンジです。

では早速アトラクション、というか映画の世界に入ってみましょう。

今回選んだのは、「カールじいさんの空飛ぶ家」です。
この映画は見たコトないんですが、何かの映画を観にいった時に、キャッチコピーだけで泣きそうになりました。。。

さてどんな映画だか見てないのでよくわかりませんが、とりあえずお家が空を飛んで何かするのでしょう。
イメージ的にはバルーンファイト的なものを想像してましたが、始めてみるとスーパー◯リオKinect版という感じでした。

飛んでいく家を走って追いかけて、その途中にコインがあってそれをゲットします。
途中で木を倒して橋にするというちょっとしたイベントがありましたが、その他はスーパーマ◯オみたいにジャンプ出掛けを超えたり、川にある岩に飛び乗ったり、川に落っこちたら泳いだりとKinectをフル活用したアドベンty-あゲームでした。

私とKinectの相性が悪いのか、最近ジャンプやしゃがむなどの動作がイマイチ認識辛く、上記の川の石や、崖などジャンプをしないと先に進めないイベントでは結構な確率で落ちてしまい、うまく動作させることができませんでした。
再度Kinectの調整をやらなきゃいけないかもしれないですね。

そんなこんなで最後にようやく空飛ぶ家に追いついてゴールとなりました。
操作はとてもシンプルでわかりやすく、ところどころジャンプしたり、謎解き?までは行きませんがイベントがあったり、落ちなきゃ泳がないかもしれないけど泳いでみたり、なかなか面白かったです。

たったひとつの映画のコンテンツだけでしたが、結構長い時間(と自分で思っているだけかもしれませんが。。。)腕を振って走ったり、泳いだりしたせいか、かなり腕の筋肉に違和感を感じてしまいましたw
こりゃ明日は軽く筋肉痛かな?

という事で、今回のレビューはおしまい。
ぜひ次はMr.インクレディブルで遊んでみたいと思います。

「Microsoft MVP 向け “ラッシュ: ディズニー/ピクサー アドベンチャー”レビュー キャンペーンに参加し、本ソフトのレビューを行っています」

written by hide \\ tags: , , ,


Leave a Reply

i3Theme sponsored by Top 10 Web Hosting and Hosting in Colombia