7月 02

 

4月の初めに道場の体験入門を申し込んだ。

自分の代わりにU-Spilitを観て来てもらった方に誘われたのがきっかけだが、
青春時代に夢見ていた総合格闘技というものに触れてみたい、
そして金原さん、自分の夢だったリングスに上がっていた方に指導してもらえる
という話に二つ返事でOKした。

もちろん初めてなのでみんなの半分しかしてない基礎練習でヘロヘロになり、
ろくに何も出来なかったけど、楽し過ぎてその場で二人とも即入門。

 

そして受け取ったIDカードを見ると、そこには憧れの「リングス」の文字が。。。

高校の進路相談で出した希望は、大学進学かリングス入門だった。

本当に20年越しの夢。

 

「夢は諦めなければいつか叶う」

 

そんな言葉を身を以て知った、2013年4月5日。

俺の人生の肩書きに、とうとうリングスの文字が刻まれた瞬間。

ジムの中のスクールの話だけど。

 

意味もなく、中野から歩いて笹塚に帰っていた。

曇っていて星ひとつない夜空を眺めながら、18の頃、目を輝かせて胸踊らせたあのリングス。

俺の大好きな、そして最強のプロレスラー、前田日明をどうやって倒すか、
真剣に考えていた高3の春。

 

それから20年、この想いを今、もう一度思い出して頑張ってみようと思う。

written by hide \\ tags: ,


Leave a Reply

i3Theme sponsored by Top 10 Web Hosting and Hosting in Colombia