8月 16

私が今、唯一の趣味と言っていいのがプロレス観戦です。
というよりも、SMASHという団体が好きで殆どSMASHだけを観に行っています。
今ではうちの奥さんもはまって、毎回一緒に観に行っています。

元々WWEで活躍されていたTAJIRIさんが好きで、特にその時代が私の中のWWE全盛期でした。
そのTAJIRIさんが立ち上げた団体で、私が見ていた当時のスーパースターの方たちを呼んで興行していたり、今の現場から近い新宿FACEで興行していた事もあり、旗揚げ当時から気にはなっていたのですが、どうしても仕事のタイミングが合わず、半年以上観戦する事が出来ませんでした。

今までの興行のDVDをファンクラブに入ると貰えるという情報を聞いて、すぐにファンクラブに入会して、そのDVDを奥さんと観ていると奥さんも次第にはまって行き、とうとう二人で初SMASH観戦に出かける事になりました。

夫婦揃っての初SMASHは、後楽園ホールで行われた3/31のSMASH15でした。
その初SMASH観戦で完全にこの団体の虜になりました。

ファンクラブ限定で写真撮影会が行われたのですが、そのメンバーが私にとっては一番WWFを観ていた頃のジャパニーズレジェンドのみなさまばかり!!
FUNAKI選手とTAKAみちのく選手、そしてウルティモ・ドラゴン選手!!
試合も観ていないその時点で私はもう舞い上がってしまい、プロレス好きの後輩にその大興奮っぷりを即メールしてたのですが、WWFを見た事がないうちの奥さんにはこの感動は伝わらず。。。

新日に移籍するKUSHIDA選手と、SMASHへ熱い想いがある大原選手との戦いはすごかった。
一時期押されていた大原選手でしたが、会場中が大原コールの大声援。
うちの奥さんまで「大原頑張って~」と叫んでいました。
そしてKUSHIDA選手から3カウントを取った瞬間、爆発するように会場が沸き、私も叫んでいました。
試合する選手と会場が本当に一体となった瞬間があったと思います。

今までいろいろな団体を観に行きましたが、こんな雰囲気は初めてで、この興奮は次の日になってもなかなか冷めませんでした。

次の大会で参加した試合後のパーティーでは、さっきまで試合していたレスラーの方たちがゴロゴロいるので、あまりに緊張してしまい、ビールを飲んでも飲んでも酔えませんでした。
その時憧れのTAJIRIさんとも話ができて本当に嬉しかったのですが、テンパっていて「WWEの頃から大好きです!!」としか言えず。。。
それだけでも話せた事で胸いっぱい、お腹もいっぱいになってしまい、ご飯も全然食べれないほど。

だいぶ後になってTAJIRIさんご本人から伺ったのですが、ずっとこういうファンとレスラーの方々が交流ができるような事もやりたかったそうで、ファンにとっては本当に嬉しいイベントでした。
うちの奥さんのようなプロレスに詳しくない人でも、身近にレスラーがいてお話が出来るこの環境では、やはり親近感が湧いて、よりプロレスが、よりSMASHが好きになったみたいです。
特にうちの奥さんは、いつの間にか朱里ちゃんとはお友達みたいになってたり。。。

そして最近の大会では日本のレジェンドレスラーが次々参戦しています。
天龍源一郎選手、藤原喜明選手、そして前回は藤波辰爾選手。
どの方も私自身が子供の頃、目を輝かせて観ていたプロレスで第一線で活躍されていた方たち。
私にとってこの人たちがいたからプロレスが好きになった、と言えるような方たちが次々とSMASHのリングに上がっています。
本当にSMASHは、私にとって時空を超えたまさに「夢のような非現実的な空間」なのです。
いつかはぜひハリウッド、ハルク・ホーガンをSMASHのリングで観てみたいですね。

そんなSMASH観戦はこの前の8/11の大会で5回目になりました。
最近ではプロレス好きの後輩と、職場のプロレス好きの人も巻き込んで、4人で観戦、打ち上げも参加して、月一回のとても楽しい一日になっています。
仕事に終われて忙しい毎日ですが、月一回のSMASHが今は何よりの楽しみです。

written by hide \\ tags: